介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

国民健康保険で行われている「法定外繰入」の是非

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20171024183504j:plain

2017.10.24

 

今日のテーマは「国民健康保険で行われている法定外繰入の是非」でお送りします。

これね、あえて知らない人に教えなくてもいいか!なんてね。

 

腹立つ人はいるだろうし、かといって他の妙案がないんだよね(・ω・)

国民健康保険は比較的低所得者高齢者の加入が多いため、構造的な赤字が続いています。

 

2015年度の赤字は全国で2800億円(* >ω<)

でかいですね。

みなさん「法定外繰入」と言うのをご存じでしょうか?

 

この赤字を保険料で埋めようとすると、加入者負担がとんでもないことになるんです。

そこで約6割の自治体は、一般会計から赤字を補てんしています。

 

これを聞くだけなら、「うん。そうか、仕方ないな」なんて人もいるかも知れませんが、一般会計ってみんなから広く集めた税金なんです。

 

税金事は法の下、平等と言う原則があるんですね。これで行くと、国民健康保険加入者のみが利益を得る事になり、好ましくないと言う事で厚生労働省も「計画的に解消するべき」と言う立場でした。

 

ただ、来年4月から国民健康保険の運営が市区町村から、都道府県に変わるんです。

となると、このまま移管すると大幅な保険料値上げの人が出そうなんです。

 

そこで仕方なく厚生労働省は「法定外繰入」を当面容認する事としました。10月18日の自治体向けの説明会で示しました。

 

好ましくないけど仕方なしか…

では、また明日です。

by Oshobu~