介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

【男性へのセクハラ】中々認識が広がらない(自戒を込めて)

スポンサーリンク

2019.05.29

 

今回のテーマは「【男性へのセクハラ】中々認識が広がらない(自戒を込めて)」でお送りします。

 

今から書くのですが、正直昭和真ん中生まれのおしょぶ~には、理屈は別として「男性へのセクハラ」はピン!と来ないです。

 

連合が5月28日、「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019」をプレスリリースしました。

これを受けて各マスコミは、「男性も就活セクハラがある」と言う内容で大きく伝えていますが、調査自体は仕事の世界全般のハラスメント調査です。

 

なのに、「男性も就活セクハラがある」だけが大きく取り上げられる自体、やはりこれに話題性があると言う事でしょう。

 

※こちらのリンクからお読みいただけます↓(pdf)

https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20190528.pdf

量的にもなかなか読みごたえがありますよ^^

 

ポイントのまとめだけ引用しておきます。

連合のセクハラ調査のポイント

この上司からのハラスメントは昔からありました…と言うか、昔は無茶苦茶だった(笑)。まぁ時代背景もあるので、自分の若い頃の事を今さら、どうのこうの言うつもりはありません。

 

ただ、いま部下をもっている人は、本当に認識を改めた方がいいですね。

おそらく、自分が若い頃やられていたので、これぐらいパワハラじゃない…とか思っていますよ。きっと!

セクハラの場面

mono777さんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク

 

 

おしょぶ~が気になるのは…

  • 同僚からハラスメントで多いのは「隔離・仲間外し・無視などの人間関係からの切り離し」

まず、これね。小学生か!?って話ですよ(苦笑)。これは、やられた事も・やった事も無いからわかんない。

 

  • ハラスメントを受けた20代の3割近くが離職を選択

色んな調査で数字は違いますが、新卒が3年以内に3割~5割やめると言われていますが、ハラスメントも関係あるのでしょうね。

 

  • 就活中に女性が受けたセクハラ「性的冗談」「執拗な誘い」「身体への接触」などが多い傾向

これって本当ですか!?( ゚Д゚)って感じです。面接とか2次・3次に行くときのやり取りで起こるのでしょうが、面接で「性的冗談」を言う昭和のおっさんはまだ生息していると思います。

 

「執拗な誘い」・「身体への接触」なんて事する、人事や偉いさんっているんですね。

「身体への接触」なんか、即犯罪ですけどね^^;

 

さて、話題になっているこれですが…

  • 「就活中にセクシュアル・ハラスメントを受けたことがある」20代男性の21%

この20代男性に一番多かったのが、「性体験などの質問」43.5%で、あとは「性的な冗談やからかい」などですね。

 

これ、自分で「ハッ」としたのは想像でですが、自分がもし面接官なら男性相手に、「性体験などの質問」はさすがにしませんが、「性的な冗談やからかい」は言っちゃうかも?と思った事です。

 

それぐらい、わたしを含めて世のおじさんは「男性へのセクハラ意識」は低いと思います。ちゃんと勉強して、意識を変えたいと思います。

 

では、また次回です。by おしょぶ~

スポンサーリンク