介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

父を連れて施設の母に会いに行って来ました!元旦から働くスタッフさんに感謝です。

スポンサーリンク

2019.01.01

 

今日のテーマは「父を連れて施設の母に会いに行って来ました!元旦から働くスタッフさんに感謝です」でお送りします。

 

まぁ母は何もわからないので、「元旦に一人じゃ寂しいだろう」なんて思うのは、こちらの自己満足で行くんですけどね^^

実は母が入所している施設は、父がデーサービス・ショートステイでお世話になっている施設と同じです。

 

なので、たまに「奥さんに会いに行こうか?」と職員さんが声をかけて連れて行ってくれておりました。ところが、聞くところによると1年ほど前から、父が行くのを渋るようになっているようです。

 

理由は分かりません。母の今の姿は「見るに忍びない」のは事実ですが、父はその都度説明しないと、母が同じ施設にいる事を忘れているので、見るのが辛いと言う理由でもないようですが…

 

2019年1月1日元旦ですね。

今日も多くのスタッフさん達が出勤してくれていました。頭が下がりますね。

自分の家族の事もあるだろうに…と言いながら頼っている現実がありますが。

 

さて、母は相変わらずでした。理由は分かりませんが、ずーっと拳を握りしめ腕をクロスさせたままです。


f:id:masaru-masaru-3889:20190101131425j:image

もう、この形で固まっている感じです。ほどけません。

 

今スタッフさんの提案でチャレンジしている事があります。普段は胃ろうなのでチューブで胃に栄養を送り込むだけですが、母は20日が誕生日なので、毎月20日だけ口から「炭酸水」とか「ジャム」とか看護師さんが看ながら 味わはさせて頂いてます。

 

もう、ほんの少しですけどね。でも、月一回でも母が「甘い」とか感じてくれたら嬉しいと思います。その件は2回記事にしているので、興味にある介護家族さんは読んでみて下さい。(施設に相談したらやってくれるかも?)

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

では、また明日です。by Oshobu~ 

スポンサーリンク