介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

はしか感染の心配度が上がって来ました!お子様・高齢者、特に気をつけてあげて下さい。

スポンサーリンク

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

2018.05.16

 

今日のテーマは「はしか感染の心配度が上がって来ました!お子様・高齢者、特に気をつけてあげて下さい」でお送りします。

 

GW前に上記の注意喚起記事を書かせて頂きました。

この記事の時は4月25日までで、発症者が70人でしたが現在150人を超えて来ました。

 

※はしか

麻疹ウイルスの感染後、10~12日間の潜伏期ののち発熱や咳などの症状で発症します。 38℃前後の発熱が2~4日間続き、倦怠感(小児では不機嫌)があり、上気道炎症状(咳、鼻みず、くしゃみなど)と結膜炎症状(結膜充血目やに、光をまぶしく感じるなど)が現れて次第に強くなります。

麻疹Q&A 国立感染研究所より引用

 

そして何より心配なのは、感染が広がっている沖縄・愛知に行った事のない人の発症が各地で、ちらほら出てきた事です。二次感染ですね。

 

感染症のやっかいなのは、菌やウイルスに触れた人(保持者)でも発症しない人がいるので、ふつ~に日常生活を送っています。そして他の方に移り、発症します。

お子様・高齢者は命の問題になる事も考えられますので、手洗い・うがいなどの基本的な事しか打つ手はないですが、それを徹底するしかないですね。

 

お互い気をつけて、生活をしていきましょう!

では、また明日です。 by Oshobu~

スポンサーリンク