介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

はしかが沖縄・愛知で急増!GWの旅行など注意が必要です。

スポンサーリンク

2018.04.26

 

今日のテーマは「はしかが沖縄・愛知で急増!GWの旅行など注意が必要です」でお送りします。

 

※はしか

麻疹ウイルスの感染後、10~12日間の潜伏期ののち発熱や咳などの症状で発症します。 38℃前後の発熱が2~4日間続き、倦怠感(小児では不機嫌)があり、上気道炎症状(咳、鼻みず、くしゃみなど)と結膜炎症状(結膜充血目やに、光をまぶしく感じるなど)が現れて次第に強くなります。

麻疹Q&A 国立感染研究所より引用

 

なぜ?札幌市保健所からのプレスリリースか不思議ですが、とにかく注意喚起です。

沖縄県や愛知県で、はしかの患者が急増していることを受け、大型連休を前に札幌市保健所は「沖縄に旅行する人も多い。ワクチン接種しているか確認を」と注意を呼びかけているとの事です。

 

沖縄県によると、県内では3月下旬から患者が出始め、今月25日までに70人が感染。愛知県では沖縄を訪れた男性から広がり、5人の感染が確認されています。

 

沖縄のものが、愛知に飛んだと言う事でGWも間近ですし沖縄に旅行の計画の方もおられるでしょう。十分注意してくださいね。

 

はしかを軽視してはいけません!発熱やせきの症状が出た後、39度以上の高熱と発疹が出るうえに、肺炎や中耳炎を合併しやすく、重症化すると命に関わる場合ありますので…

 

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク