介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

7割のシニア(60~70代)が終活に前向き。終活とは?

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170115114114j:plain

http://www.ac-illust.com/

2017年01月15日

 

こんにちは。

今日のテーマは「7割のシニア(60~70代)が終活に前向き。終活とは?」でお送りします。

 

【終活】

インターネット調査会社マクロミルのアンケートによりますと、終活と言う言葉を「知っている」79.5%「聞いたことはあるが意味不明」13.5%「知らない」7.0%だったそうです。

まぁ、言葉的には市民権を得て来たと言うことでしょう。

 

終活(しゅうかつ)とは「人生の終わりのための活動」の略で、人間が人生の最期を迎えるにあたって執る様々な準備やそこに向けた人生の総括を意味する言葉である。

 引用元ウィキペディア

 

で、この同じアンケートでシニア(60~70代)の皆さんが、終活に前向きな考えである事がわかりました。

終活をすでにしている方8.9%・近いうちに始める予定の方8.5%・時期が来ればしたいと考えている方56.2%で合計73.6%が終活に前向きとの結果になっています。

【家族への迷惑を心配】

前向きな理由が、「家族に迷惑をかけたくない」70.7%を占めます。

う~ん^^;やっぱりそうですよね。筆者も死ぬときはあまり周りに迷惑はかけたくないですね。

【何をするのか?】

でも実際は何をするのでしょう?

①生前整理

身の回りのものを片付けていきます

②お金の準備(葬儀費用等)

その人の考え方で、葬儀費用やお墓など色々なお金の準備

③終末期の医療への希望まとめ

どこまで延命治療をするか?・臓器の提供意思などをまとめる

④相続の準備

遺言など作成

⑤携帯・PCのデーターの取り扱い方、まとめ

現代ならではですね。

※この他にも個人の考えで、生前に準備したい内容はそれぞれでしょう。

 

今回は記事をまとめながら、筆者も考えさせられましたね。

ちょっと今夜、晩酌しながら考えてみようかな^^

では、また明日です。

by Oshobu~