介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

父がボケていく

スポンサーリンク

2019.02.28

 

今日のテーマは…父がボケていく、でお送りします。

長くお付き合いのある読者様は、「今に始まった事じゃないだろう(笑)」とお思いかも知れません。

 

確かにそうなんです^^;

ただ、最近の進み具合がちょい酷い。息子のわたしの想定を上回る速さで進んでいるように感じます。

 

タイプとしては、昔「まだらボケ」と言われたやつで、落ち着いた状態の時は短い時間ですが、物事を認知し自我もあります。

 

ただ、不安定になると最近は特に酷いです。落ち着いた状態時との差が激しいだけに、戸惑います。また気のせいではなく、酷くなるのがわたしと二人きりの時が多いのです。(おそらく本性が出ているのでしょう)

 

その時は、マジであぶない!暴言だけなら良いけど(良くはない!w)、ハサミを振り回したりするから、身の危険を感じますね。

 

あと、すでに「新しい事」は受け入れないと言うか、理解出来ていない様です。 


f:id:masaru-masaru-3889:20190227133154j:image

最近、デーサービスの用意をわたしが確認して仕事に出たあと、父が自分で確認するのでしょうか?わざわざ出して、結局施設で着替えがなかったりするそうです。

 

上の写真をご確認ください。上記のような事が続いたため、最近はヘルパーさんがここまでやって帰ってくれています。

 

これで、父はデーに行く前にリュックに入れるだけです。 説明もしっかりしまして、本人も「これは便利でありがたい」と喜びましたが…

この事は忘れるのか、実績ベースで2日に一回はわたしが帰って来た時、このまま残っていますね^^;

 

春が来て、暖かくなると出歩くので今から恐怖です。

では、また次回です。by Oshobu~

スポンサーリンク