介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

【厚労省不正統計問題】第三者委員会が本当に第三者委員会として機能しているか調べる第三者委員会が必要と言う笑い話!?

スポンサーリンク

2019.01.31

 

今日のテーマは…【厚労省不正統計問題】第三者委員会が本当に第三者委員会として機能しているか調べる第三者委員会が必要と言う笑い話!?で、お送りします。

 

みなさんご存じの様に、厚労省で不正統計問題がありました。で、この実態調査の為「第三者検証委員会」が設けられました。

(*‘ω‘ *)うん。これは不祥事を起こした民間企業でもよくありますね。たいがいの場合、弁護士が中心となり識者を集めて、三者として公正に調査をします。

 

(*‘ω‘ *)はい!ここテストに出る重要なところなので、繰り返しますね(笑)。

三者として公正に調査

youtu.be

これを観ると、ちゃんとやってくれたな~と言う印象なのですが、実は聴取の7割が身内職員だけで行われていた事が発覚しました。

 

それだけでなく、なんと報告書の原案(たたき台)は厚生労働省が作成していた事も分かっています。

( ゚Д゚)開いた口が塞がらない…

 

こうなると…

三者委員会が本当に第三者委員会として機能しているか調べる第三者委員会が必要と言う笑い話ですね。

 

では、また明日です。 by Oshobu~

スポンサーリンク