介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

【男性更年期障害】50~60代に多い「やる気が出ない」「何となくだるい」貴男大丈夫!?

スポンサーリンク

2019.04.16

 

う~ん(;^_^A、筆者もモロこの世代なので、怖いです。

今回のテーマは…【男性更年期障害】50~60代に多い「やる気が出ない」「何となくだるい」貴男大丈夫!?でお送りします。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

更年期障害が女性だけのものではない!…と言う事は知識として知っていました。ちょっと古い話しになるのですが、クイズダービーで有名だった漫画家の「原平(はらたいら)」さんが、男の更年期障害で大変苦しんだのを覚えています。

 

さて、上記に貼ってある記事を読みました。

 更年期障害は、加齢に伴う男性ホルモンの急激な減少によって、発症するとされる。精巣で作られるテストステロンというホルモンで、性機能に関わり、筋肉や骨を強くし、血管をしなやかに保つ働きをする。仕事への意欲、判断力といった脳の機能を高める役割もある。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00010001-yomidr-sctch

 

これが、50~60代の男性に多いそうです。

(*‘ω‘ *)原因はわかるよね!

「ストレス」

これ一本です。強いストレスにさらされると、脳の指令が弱まり、ホルモンを作る力が落ちると考えらているそうです。

(*‘ω‘ *)主な症状…

  • 知的な活動や意欲の低下など「精神的な変化」
  • 睡眠障害疲労感・筋力の低下などの「身体的な変化」
  • 性欲の衰えなど「性的な変化」

正式には「加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群」と言う疾患。

 

記事によると、男性の更年期障害の専門外来を置く医療機関も増えていると言うことなので、気になる方は一度行ってみられては如何か?

この病気は「鬱」との重なりもあると言う事で、この辺りも気になります。

しかし…やっぱり「ストレス」なんだね~^^;

 

では、また次回です。by Oshobu~

スポンサーリンク