介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

介護給付費9兆円超!介護保険制度が始まって初。

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170701104056j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.07.01

 

今日のテーマは「介護給付費9兆円超!介護保険制度が始まって初」でお送りします。

厚生労働省は6月20日に2015年度の「介護保険事業状況報告」をプレスリリースしました。

 

それによりますと、介護サービスの利用者負担を除いた介護給付費は、前年度比2.2%増の9兆976億円介護保険制度が始まって以来、初めて9兆円を超えました。

 

一人当たりの給付費は前年度より1,000円少ない26万9,000円で、9年度ぶりに減少しています。これは介護報酬を2015年4月の2.27%下げた事や、高所得者の自己負担を2割に引き上げた事が要因です。

 

要介護認定(支援含む)を受けた人は2016年3月末時点で、620万4000人でした。

興味深い数字ですと、65歳以上に占める認定者の割合は全国平均で17.9%ですが、埼玉県はもっとも低く14.3%和歌山県がもっとも高く22.2%でしたので、この辺の要因はさぐりたいところですね。

 

では、また明日です。

by Oshobu~