介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

2018年10~12月期年金運用14.8兆円マイナス!(年金積立金管理運用独立行政法人)

スポンサーリンク

2019.02.02

 

今回のテーマは…2018年10~12月期年金運用14.8兆円マイナス!(年金積立金管理運用独立行政法人)でお送りします。

 

(*‘ω‘ *)約15兆円損した…って言われても、ちょっと大きすぎて想像がつきませんね。わたしの生活ですと、1万5千円競馬で負けたと言うのが想像レベルギリギリ(笑)。

なんて、冗談を言っている場合ではありません。

 

国民年金・厚生年金の積立金を運用している、「年金積立金管理運用独立行政法人」は昨年10~12月の運用で14兆8039億円の損を出したと、プレスリリースしました。

これは過去の運用を見ても、4半期ベースで最悪の数字となりました。

f:id:masaru-masaru-3889:20190202092634j:plain

スポンサーリンク

 

 

ただね、ここは読者様におかれては冷静に見て頂きたいです。このリスクが嫌なら「運用するな」と言う事になるので…

 

実際2018年12月末時点で、資産総額は150兆6630億円で、これを市場運用を開始した2001年からみれば、まだプラス56兆6745億円なんです。

つまり運用自体を否定していれば、この56兆円はありませんし、積立額はもっと目減しているはずです。

 

この17年間の累積利回りは、2.73%ですから0金利時代としては、まだ合格点の範囲だと思います。ただ、今回の4半期だけを見れば、利回りはマイナス9.06%で衝撃的な数字である事は事実ですけど。

 

ご存じの様に、年金は掛け金だけでは賄えない状態です。実際、税金が入っているわけですから…それを考えると「結果責任」の反省はして頂いた上で、今回の2018年年末に起きた、想定外の株安・円高でも「損失の額がもう少しマシ」になるよう、ポートフォリオを見直して欲しいですね。

 

素人ですが、オリンピック後が心配ですので「日本株」の比率は落とした方が良いかも知れませんね。

では、また次回です。 by Oshobu~

スポンサーリンク