介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

けっこう多い若い女性の膝の痛みについて

スポンサーリンク

2019.05.11

 

親愛なる女性読者の皆様、膝の痛みとかないですか?

今回のテーマは「けっこう多い若い女性の膝の痛みについて」です。

 

医療品製造販売のピップ(あのピップエレキバンの会社ですね)が行った、女性約5,000人に対するアンケートで、「膝の痛みを感じる人」が…

20~30代で29%

に上りました。

 

(*'ω'*)う~ん、若き女性で約3割は多い気がしますね。

稲毛病院(千葉市)の整形外科健康支援課部長・佐藤先生のお話ですと、将来「変形性膝関節症」つながりかねなと警笛を鳴らしてはります。

 

変形性膝関節症=太ももの大腿骨とすねの脛骨との間が狭くなり、骨同士がこすれるなどして痛みや炎症が出る疾患です。

 

思えばわたしの母もこれで、中年以降苦しんでおりました。寝たきりになった今、その姿も懐かしいですが…

 

これは、主に加齢で太ももの筋肉が衰え、膝への負担が増えることが原因とされています。進行すると間接に水がたまり、人工関節への置き換えが必要になる場合もあります。

 

これね、わたしが3年管理していたマンションの住民様が、2名手術されましたね。世間話で経過を聞いておりますと、確かに痛みはなしに歩けるようにはなられましたが、違和感がすごいとお二人とも言っていました。

 

たまたま、このお二人がそうだったのかも知れませんが、避けるに越したことはない感じですね。

 

で、若い人の場合ですが先生曰く…

  • もともと運動しないで筋肉が少ない
  • スポーツが苦手

あてはまる人は特に注意です。

かと言ってダンスやヨガを始めるのはちょっと待ってください(苦笑)

 

不安定なポーズをとる時に、全身の筋肉で上手に支えないと、膝に負担がかかります。先生は「筋肉の量は人それぞれ。簡単そうでも、まず基礎的なトレーニングで筋肉をつけてから始めるべき」と指摘されています。

 

(*'ω'*)うん。僕の知人でも「運動しにゃきゃ!」と急に走り出して、足を痛めていた人がいました(苦笑)。

 

※「膝痛」チェックリスト載せておきますね^^

  • もともと運動が苦手
  • 真っすぐ立つと両足の膝の間の隙間が広い
  • ヨガやダンスなど軽い運動でも膝が痛くなる事がある
  • 最近太ってきた・または元々太り気味
  • 日常生活で膝に違和感を感じる事がある
  • 腰痛・肩こりを感じている
  • 運動不足解消のためにランニングなどをやってみたことはあるが続かない

2つ以上思い当れば、危険信号!早めのケアを^^;

 

最後に写真ですが、膝痛の重症化予防の運動を載せておきますね。

 

膝痛重症化予防の運動イラスト

※今回の記事は、神戸新聞(2019.05.11)の記事を参考に書かせて頂きました。

 

では、また次回です。by おしょぶ~

スポンサーリンク