介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

子供の肥満は大人になってからも大変です!

スポンサーリンク

2019.05.12

 

今回のテーマは「子供の肥満は大人になってからも大変です!」でお送りします。

本日は神戸新聞(2019.05.12)の「すくすく」と言うコーナーでの、東京女子医科大学東医療センター小児科 杉原茂考教授のお話を、シェアさせて頂きます。

 

子供時代に肥満であれば、大人になっても肥満になりやすく、将来的には2型糖尿病心筋梗塞の発症リスクが高くなる事が分かっています。

 

子供の肥満とは、実際の体重が標準体重(性別・年齢別・身長別)に対して何%上回っているか?…

  • 幼児で15%
  • 学童で20%

以上だと「肥満」とされます。

 

また、肥満児のうち…

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患
  • 脂質異常症
  • 高血圧
  • 耐糖能障害
  • 内臓脂肪型肥満

これらがあると、治療が必要な「肥満症」と診断されます。

 

現在、子供の10%が肥満と言われており、早めのケアが将来の「糖尿病」「心筋梗塞」などの予防につながります。

 

※心がけたいこと

 

東京女子医科大学東医療センター小児科 杉原茂考教授が言う子供の肥満への心がけ

で、先生いわく親の生活習慣が影響していることも少なくない!って事で、お父さん・お母さん大丈夫ですか?^^;

 

では、また次回です。 by おしょぶ~

スポンサーリンク