読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

企業年金33万人分、1400億円放置。転職時に手続きせず!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170110095145j:plain

http://www.ac-illust.com/

2017年01月10日

 

こんにちは。

今日のテーマは「企業年金33万人分、1400億円放置。転職時に手続きせず!」でお送りします。

 

【企業型確定拠出年金

企業負担の掛け金を運用して、従業員の年金とする「企業型確定拠出年金」で、運用されず放置されている資産が、2016年3月末時点で33万人分、1,428億円あります。

いや~なんとももったいない^^;

 

これは、転職・退職で加入資格を失った方が、運用継続に必要な手続きをしていない為です。

f:id:masaru-masaru-3889:20170110101903j:plain

http://www.ac-illust.com/

確定拠出年金とは?】

確定拠出年金は、企業型と個人型の2種類あります。

10年以上加入すると、60歳から受給出来るのですが企業型を利用している人が、退職すると加入資格がなくなる為、個人型に変更するか転職先の企業型に加入し直さねばなりません。

 

一時金として受け取る道もありますが、これも別の手続きがいります。

資格を失って6か月後、資産は自動的に売却され、約4,000円の手数料を引かれた後に連合会に移管されます。以後も毎年600円の管理料がとられます。

 

※転職経験者ある読者様で、企業型確定拠出年金に加入していた記憶はありませんか?

 

では、また明日です。

by Oshobu~