介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

皇室の高齢化問題。

スポンサーリンク

2019.05.02

 

今回のテーマは、「皇室の高齢化問題」でお送りします。

日本自体が、少子高齢化の道を歩んでいますので、皇室も高齢化していても不思議ではないのですが、ちょっと母数が少ないだけに深刻です。

現在、皇族は18名です。うち、還暦を超えておられる方が7名ですね。

ただ、還暦には到達していないものの、天皇陛下・皇后さま・秋篠宮皇嗣殿下・紀子さま、の4名が50代です。

 

ここまで入れると、全体の61%がそこそこ年齢を重ねられていると捉えられます。

う~ん、ナーバスな問題で安易な発言は出来ませんが、皇室存続を考えた場合ちょっと心配な高齢者比率ですね。

 

皇位継承を考えても…

非常に心配ですね。筆者は、いろいろと時代に合わせた改革は必要なものの「皇室存続賛成」の立場の人間です。

 

そう簡単でないのは、重々理解しておりますが「宮家」自体・皇族自体を増やす事を考える時期かも知れません。

もちろん、十分な国民多数に理解してもらう事が前提ですが…

 

では、また次回です。 by Oshobu~

スポンサーリンク