介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

何とか、正月休みの間親父の見守りをトラブル無しに出来ました!^^

スポンサーリンク

2018.01.04

 

今日のテーマは「何とか、正月休みの間親父の見守りをトラブル無しに出来ました!^^」でお送りします。

 

筆者は年末年始は6連休でした。その間に父がお世話になっている施設の休みが5日間でしたので、5日間連続で朝から晩まで父と過ごしました。

通常で言うと日曜日がその日にあたるのですが、日曜は一日だからまだ耐えれるのです^^;…もう、ストレスしかないです。

 

親父は「クチャラー」です(笑)。横で一緒に飯を食うと、くちゃくちゃくちゃくちゃ…もう良いですか?ww

これだけでもストレスなのに、使った爪楊枝をテーブルに置く…(*‘ω‘ *)え!もう一度使うのかな?と思うとまた新しいのを…

 

で、食べながら新聞を読もうとするから…「まず食べてしまって」と言うと拗ねる。

おなじ話を20~30回はしてくるから、さすがに途中で「もう、何回も聞いたからええやろ」←これ言わないと決めているのに、言ってしまう(苦笑)で、拗ねる。

 

退屈なので、横でため息を何回もつかれる。「散歩でも行って来たら」と言うと…行かない理由を、長々と語られて…うん。分かった。

で、数分後…「散歩でも行って来るわ!」(-。-)y-゜゜゜むかつく。

 

2時間ぐらい迷いながら、何とか散歩終了。帰って来て、父の部屋に入る。30分ぐらいして…「退屈やから散歩して来るわ!」

 

 

(*‘ω‘ *)今行って来て帰ったばかりやん!忘れているかも知れんが、身体は疲れているからやめとき!拗ねる。

 

拗ねるとややこしい。子供と同じだから、ドアをバタン!と〆る・大声で歌う叫ぶ・テレビを大音量!…(*‘ω‘ *)近所迷惑やからやめて。

 

でも、何とか大きなトラブルはなく終わりました。(*‘ω‘ *)ほっ

では、また明日です。 by Oshobu~

スポンサーリンク