介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

生活保護の女性、電気を止められ熱中症で死亡!(札幌)

スポンサーリンク

2018.08.01

 

今日のテーマは「生活保護の女性、電気を止められ熱中症で死亡!(札幌)」でお送りします。

 

また、防ぐ事の出来た悲劇が起きてしまいました。

北海道警は7月31日、札幌市西区で7月29日に60代の女性が、熱中症による脱水症状で死亡してしていたとプレスリリースしました。

 

女性は単身世帯で、共同住宅に暮らす「生活保護受給者」でした。

部屋には、クーラーも扇風機もあるのですが、電気を止められていました。

 

単純に電力会社を攻めるつもりはありませんが、なんか「はがゆい」ですね。昔、筆者が若い頃、お金がなくてアパートの電気・ガス・水道をよく止められたものですが、水道は中々止まらないんですね。

 

お察しのように、命に係わるから…でも、最近の夏は電気を止めるのも「命に係わるんじゃないか?」と言う想像力みたいなのがあれば、救えたかも知れません。

ただ、わたしがもし電力会社の担当(当事者)だったとして、そこまで気が回ったかは、自信がありませんので…あまり強くは攻めれないですね。

 

共同住宅内の別の女性が、「最近姿を見ない」と110番通報してくれて、発見にいたりました。北海道内での熱中症での今年初めての死者となってしまいました。

上手く表現できないのですが、とても残念です。ご冥福をお祈りいたします。

 

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク