介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

ビールの苦みが認知症予防になると言うお話。まじで!^^

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20171107160710j:plain

2017.11.07

 

今日のテーマは「ビールの苦みが認知症予防になると言うお話。まじで!^^」でお送りします。

ビールをこよなく愛する、このブログの管理人で仕事はマンション管理人と言うおしょぶ~ですが…笑

 

ちょっと、「ほんまかいな」と言う話題です。ビールの醸造過程で原料のホップから出る苦み成分に、肥満でリスクが高まる認知機能低下を改善する効果がある事を、キリンの傘下である健康技術研究所が解明して、7月にロンドンで開催された国際アルツハイマー病学会で発表しました。

 

その成分は「イソα酸」と呼ばれ、ビール1リットルに10~30ミリグラム程度含まれています。コクや苦みが強いビールの方が多いそうです。

キリンラガービールを飲めって宣伝じゃないですよね」(冗談です)

f:id:masaru-masaru-3889:20171107162113j:plain

スポンサーリンク

 

 

キリンは将来的には、この成分を使っての飲料やサプリの開発・商品化を考えているようです。

最近の研究では、肥満によって認知症のリスクが高まるとされており、健康技術研究所では「イソα酸入りの高脂肪」の餌を与えるマウス・「イソα酸なしの高脂肪」の餌を与えるマウスのグループに分けました。

 

で、イソα酸入りのマウスの方には、老廃物の蓄積による脳内炎症や肥満の抑制作用・認知機能の改善、が示されてと言う事です。

「よし!今晩の晩酌はビールだね^^」

あ!…そう言う話ではないのかな?(苦笑)

では、また明日です。

by Oshobu~