介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

瀬戸内寂聴先生に学ぶ!秘書が書く「まなほの寂庵日記」より④

スポンサーリンク

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

 2017.12.25

 

さて、シリーズ4回目ですね^^

今日のテーマは「瀬戸内寂聴先生に学ぶ!秘書が書く「まなほの寂庵日記」より④」でお送りします。

 

さて、秘書を務めるまで寂聴先生が小説家と言う事を知らなかった、怖いもん無しの瀬尾まなほさんですが、今回は寂聴先生と三島由紀夫先生のエピソードを書いてくれていました。

 

寂聴先生と言えば、夫と娘を残して飛び出した事が有名ですが、その後すぐに小説を書き始めています。ある日、三島由紀夫先生の小説に出会い感動して、ファンレターを書いたそうです。

 

すると…「自分はファンレターの返事は一切出さない主義だけれど、あなたの手紙があまりにも愉快だから思わず書いてしまった」と返事が来ました。

三島由紀夫の説明は要らないでしょうが、多くのファンレターの中で思わず返事を書いてしまう、無名の頃から才を感じますね。

スポンサーリンク

 

 

それから文通に発展したと言うのだから、二度の驚き( ゚Д゚)です。

その中で、寂聴先生が少女小説用のペンネームに3つ候補をあげ、三島先生に選んでもらいました。それが「三谷晴美」です。

 

すると、立て続けに寂聴先生の小説が雑誌に採用されたと言うことで、三島由紀夫先生の生きていれば「ノーベル賞」だった…才も光りますね^^

 

三島先生は、寂聴先生に原稿料が入ると「名付け親に対して気持ちばかりのお礼は、するものですよ」と言ったとか…もちろんジョークですよ^^

 

では、また明日です。

by Oshobu~

 

金閣寺 (新潮文庫)

金閣寺 (新潮文庫)

 

 

 

いのち

いのち