読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

「介護鬱」完全な解決は難しいが、とにかく一人で抱えない事だと思う。

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170410122941j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.04.10

 

今日のテーマは「介護鬱、完全な解決は難しいが、とにかく一人で抱えない事だと思う」でお送りします。

 

自分の事で言うと、2年ほど前が一番しんどい状態でした。母が要介護5の寝たきりと父はその時は要介護は1でしたが、高度認知症の診断がおりて父が中心に頑張る老老介護は限界と判断、介護退職しました。

 

■自分を守る為の介護退職だったかも?

自分が介護鬱であったかどうかは診断を受けていないので、わかりません。自分でもメンタルは強い方だと思いますので、鬱ではなく「まぁ弱っていた」ぐらいかもしれませんが、人によっては同じぐらいの負荷でも、重い鬱になるので注意が必要です。

 

仕事が終わって家に帰るでしょ、ドアを開けると人糞の臭いが充満しています。ここで一気に疲れが心身を襲います。母のおむつを替えて、部屋の空気を入れ替え臭いの基の使用済のいくつかのおむつをまとめて、消臭処理をしてビーニールにくるみ密閉してベランダに出します。

 

「あ~やれやれ、これで臭わないわ」と手を洗い消毒をして時計を見ると軽く一時間は過ぎていて、今から飯を食って風呂に入るのかと思うと全てがめんどうで、飯も食べずビールのみを煽り、寝てしまいます。親を思うと言うより、このままでは自分がやられると思い退職して、専業介護を選んだのかもしれません。

 

■自分だけでは解決は難しい

日本イーライリリーの調査では、「自分が鬱では?」と思ってから受診するまでに、半年以上かかった方が35%いるそうです。その35%の方の約半分(46%)は、「頑張りや、気の持ちようで解決出来る」と思っていたと答えています。

 

危険です。今しんどいな~と思う人は、ケアマネージャーに相談したり可能なら、心療内科などの診断を受けましょう。もうこのブログを書いて一年以上が過ぎました。一人で抱えた結果、事件・事故になった例をいくつも記事にしてきました。

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

■介護が嫌・やりたくないは普通の感情

親の介護が嫌・辛いと言う感情は普通です。あなたが冷たい人とかではありません。親に腹がたつのも普通です。親不孝な子供ではありません。そんな、色んな感情と付きあいながら引いては押し・押しては引きながらやるのが介護です。

 

一番防がなければいけないのは、共倒れです。身内や公共に上手く助けを仰ぎながらやっていきましょう。筆者は、一人っ子の独身でW介護はまさに逃げ場なしでしたが、相方や友人に愚痴を聞いてもらい、多くの公共の手助けを利用しながら一番つらい時期はなんとか脱しました。ただでさへ、先の見えない介護です。先手・先手でいきましょう。

 

では、また明日です。

by Oshobu~