介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

ナッツの健康効果に注目!チョコレートと並ぶ嗜好品外来のホープ^^

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170319105443j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.03.19

 

今日のテーマは「ナッツの健康効果に注目!チョコレートと並ぶ嗜好品外来のホープ^^」でお送りします。

 

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

3月13日に日本で始めて「嗜好品外来」を始めた戸田中央総合病院と、そこでよく患者さんにすすめる事の多い「チョコレート」の効用について記事を書きました。

 

今回また神戸新聞で、戸田中央総合病院の椎名先生が今度はこれも嗜好品外来で、よく患者さんにすすめる「ナッツ」の事をかいておられたので、まとめますね。

■魚とナッツの共通点

チョコレートの記事で、心臓病にポリフェノールが良いと書きましたが、それに並んで健康効果が期待されるのが、「オメガ3脂肪酸」です。

これを摂るには魚を食べる事が有効です。魚の脂肪にオメガ3脂肪酸の一種である「エイコサペンタエン酸(EPA)」と「ドコサヘキサエン酸(DHA)」が含まれているからです。

f:id:masaru-masaru-3889:20170319111443j:plain

https://www.ac-illust.com/

スポンサーリンク

 

 

一方ナッツに含まれるオメガ3脂肪酸は「αーリノレン酸」なのですが、これは人の体内でEPAとDHAが生成されるもとになります。

つまりナッツで魚と同じオメガ3脂肪酸が摂れるわけです。

 

■ナッツ押しの理由

「魚でもいいのでしょ?」と言う読者様の声が聞こえそうです^^;

答えは「ハイ」なのですが、魚は調理が必要ですよね。読者様はいろんな方がいると思いますが、料理が苦手でも・邪魔くさくても、気軽に摂れますよね。

 

気軽に食べられるため、戸田中央総合病院嗜好品外来でもナッツをすすめる事があるとの事。

 

■オメガ3脂肪酸の効果

オメガ3脂肪酸に期待する効果は、悪玉コレステロール中性脂肪値を下げる事により、心臓病・糖尿病・高血圧などの予防効果です。

 

2013年のハーバード大学などの調査では、約12万人の男女を20年以上追跡したところ、ナッツを日常的に一つまみ程度食べた人は、まったく食べない人との比較で29%、心臓病による死亡率が低いとの事。

 

※ただし食べすぎはだめですよ^^目安は1日28グラムぐらいと椎名先生は書いておられます。

 

では、また明日です。

by Oshobu~

 

※ナッツはこちらから↓