読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

やっぱり単なる「仕事」感覚では出来ない、介護と言う仕事。

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170218101724j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.02.18

 

おはようございます。

今日のテーマは「やっぱり単なる「仕事」感覚では出来ない、介護と言う仕事」でお送りします。

 

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

 【父がインフルエンザに】

すでに、上記の記事をお読み頂いた方もおられますが、わが父がインフルエンザに罹患と言う事で、困っております。

高齢者のインフルエンザ罹患は、最悪死を招きます。まぁ、そこまで行かなくとも長引きがちです><

 

ただ我が家は、母が施設入所・父が高度痴呆症で要介護で働き手は筆者だけです。また見守り介護が出来る条件で、仕事を選びなおしましたので非正規・ワーキングプアですし、現場にわたし一人ですから簡単に休めないのがネックです。

 

ただ、今回はケアマネージャーとヘルパーさんに本当に便宜を図って頂いて、助かりました。通常にないスケジュール対応で、家に入ってくれて見守って頂いております。

ヘルパーさんにも当然ですが、家庭・私生活があるわけで…

 

今日の土曜日も、ヘルパーさんの方から「入りましょうか?」と声をかけて頂きました。通常(土)は対応していませんので、都合をつけてくれたのだと思います。

こう言う時って、本当に感じますね。

「やっぱり介護の仕事って、人を思うとか社会を思うとか、そう言う人じゃないと中々出来ない仕事だな~」と…

 

では、また明日です。

by Oshobu~