介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

スピンオフ!介護よもやま話②我が母は行く!Ⅱ

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20160430112037j:plain

http://www.ashinari.com/ フリーフォト

2016年5月1日

 

どうも、おしょぶ~です。

2016年4月2日からスタート致しました、このブログ本日で無事一ヶ月を迎えました!

祝!ブログ一ヶ月\(^^)/

これも、全て読者様のおかげです。ありがとうございます!(感謝!)

 

昨日は、介護の大問題Wケアについて書きました。

このれについては「スポットライト」と言う、ニュースサイトにも記事を投稿しましたので、是非読んでください。

spotlight-media.jp

 さて、今日ですがブログ一ヶ月記念特別企画

「スピンオフ!介護四方山話②我が母は行く!Ⅱ」です。

この話は、まだ私が認知症に理解がなかった頃です。

もう五年以上前ですか…(遠い目)

 

深夜毎晩、母の奇行に悩まされておりました。

夜、ごそごそ音がして寝れずに、見に行くと母が台所で扉の影から玄関を見ては引っ込みを、繰り返していました。

私「夜中に何してんねん!」

母「あやしい女どもが玄関からわしを覗いているんや!!」

イヤ…あやしいのあんたやから^^;

で、なんとか母を宥めて寝かしつけました。

ふと見ると、たんすの引き出しが微妙に開きまくっている…

悪い予感しかしない。

たんすをチェックすると、出るわ出るわ包丁が!

f:id:masaru-masaru-3889:20160430210124j:plain

全部で7本!←おまえは仕事人か!?^^;

全部丁寧に新聞で包んで、私の部屋にしまいました。

 

 

母の事が心配で、携帯を持たせる事にしました。

らくらくホンってあるでしょ^^あれです。

画面の下に三つボタンがあって、①私の携帯②父の携帯③家の電話、ボタンを押すだけで繋がるので、これなら母も使えるだろうと。

 

母の誕生日に買ってあげました。

これが、予想以上に喜んでくれて^^携帯を持つのは人生で初めてですからね。

 

でも、何日たっても一切かかってこない。

で、こちらからかけてみましたが、呼び出し音が永遠に聞こえるだけ…

 

家に帰って母に聞きました。

私「携帯にかけたけど、出なかったね」

母「…?…?」

私「あれ?ひょっとして携帯あげた事自体忘れてる?」

母「…?」

こりゃだめだ^^;

f:id:masaru-masaru-3889:20160430222452j:plain

 

で、母の部屋を探しまくりました。

ありました!クローゼットの奥の奥に、かばんに入れて、わざわざファスナーにダイヤル式の鍵をかけて、しかも風呂敷に包んでいました^^;

 

思うに、母がとても喜んでくれたのは本心だと思います。携帯が嬉しいのではなく、息子からプレゼントを貰ったのが嬉しい…で、大事にする=昔の人=風呂敷に包む^^;

 

で、痴呆症の症状で被害妄想がありますから、携帯を盗まれないようにかばんに入れて

ファスナーに鍵をして、クローゼットの奥の奥に隠した。

 

でも、悲しいかなその全てを忘れると… 携帯マナーになっていました。

この件は思い出すと、いつもちょっとほろっときます。

 

そんな母は、今は寝たきりで私の事もわかりません。

なんなんでしょうね~

なんか、しんみりしちゃった^^;

今日はこんな処で。