介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

転倒リスクの診断サイトを国立長寿医療研究センターが開設しました。

スポンサーリンク

www.ncgg.go.jp

2018.01.11

 

今日のテーマは「転倒リスクの診断サイトを国立長寿医療研究センターが開設しました」でお送りします。

転倒は高齢者が「要介護」になる原因の11%を占め、原因ランキング4位です。

国民生活基礎調査(2016)より

 

高齢者の転倒をぜったい侮ってはいけません。足の上がりも低くなりますし、また小さな段差に気づきにくくなります。転倒=骨折=寝たきり(注意の上にも注意!)

 

この度、「国立長寿医療研究センター」が、ウェブサイトに転ぶリスクを自己判断し、その具体的な予防策を学べる高齢者のための転倒予防セルフチェック」を公表してくれいます。

※この記事の一番上に貼ってある、リンクで飛べます。国立の機関ですから、安心して使ってみて下さい。

 

内容は22のチェック項目に、「はい・いいえ」で答えるもので簡単です。

「採点結果」ページ・「解説と予防」ページがあり、参考にしていただけると思います。冷やかし気分でも良いので、やってみて下さい。自分の現状を知る事は、高齢者が生活の質を守って行くのに、大変重要な事です。

 

では、また明日です。

by Oshobu~