介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

アフガニスタンで命を落とした中村医師は危機が迫っていたのを知っていた!

2019.12.08 

 

この残念でならない事件の続報です。

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

今回のテーマは「アフガニスタンで命を落とした中村医師は危機が迫っていたのを知っていた!」でお送りします。

 

報道によりますと、アフガニスタンで殺害された中村哲さんが、本日(2019.12.08)に、奥様と娘さんと一緒に日本に到着されるようです。

 

現地では、アフガン政府主催の式典が行われ、ガニ大統領が中村先生のアフガン再建の取り組みに「謝意」を表したとの事です。

 

神戸新聞(2019.12.08)

神戸新聞(2019.12.08)

報道の中でちょっと驚いたのが、中村さんへの身の危険を…

  • 1年前情報機関がナンガルハル州に伝える
  • 知事によると1か月前に情報機関から注意喚起あり
  • 3日前には本人に襲撃の恐れが伝えられる

こう言う事があったようです。日本でぬくぬく暮らす素人考えでは、何で活動を一時中止して、日本に帰って来てくれなかったのか?

 

などと思うのですが、中村さんの活動は主にアフガニスタンパキスタンで、治安がまともな国ではないので、そんな情報でいちいち撤退をしていたら、何も進まないのだろうと思います。

 

そう言う危険を顧みない方がいないと、それらの国々は救えないのでしょうが…しかし、重ね重ね残念です。

 

では、また次回です。by おしょぶ~

スポンサーリンク