介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

瀬戸内寂聴先生が97歳を迎えられた。今でも小説の連載を4本抱える現役だ!( ゚Д゚)

スポンサーリンク

2019.05.25

 

今回のテーマは「瀬戸内寂聴先生が97歳を迎えられた。今でも小説の連載を4本抱える現役だ!( ゚Д゚)」でお送りします。

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

久しぶりに「まなほの寂庵日記」から、瀬戸内寂聴先生の近況を報告させて頂きます。

 

と言っても、みなさんのご想像通り、お元気だ!(笑)

5月15日に97歳の誕生日を迎えられた。その様子が、「まなほの寂庵日記」で紹介されている。

 

f:id:masaru-masaru-3889:20190525080242j:image

 神戸新聞(2019.05.24「まなほの寂庵日記」より)

スポンサーリンク

 

 

左は秘書の瀬尾まなほさんです。瀬尾さんが先生の秘書になったのが、先生が88歳の時で、もうすぐ10年経つんですね。

 

  • どこの世の中に、88歳で秘書が必要なほど忙しい人がいるだろう…
  • どこの世の中に、88歳で迎えた秘書と97歳の誕生日を祝う人がいるだろう…

 

いま、ずっとこのブログを書いて来て感じる事は…

運・偶然で長生きする人は日本には多い、でも運・偶然で「健康で活発な長生き」は出来ないと思う。

 

やっぱり、それなりの事を積み重ねた人でないと、健康で活発な超高齢者にはなれないと思うのです。

 

先生は…

「したいことも、食べたいものも、行きたいところも、すべてしたからもういつ死んでもいいわ」と言い切っているらしい。

嘘ではないでしょう^^

 

今でも小説の連載を4本抱える現役…ボケるわけないですよね^^;

当然、「小説家と言う仕事を続けないと、年金では食べていけない」なんてレベルにいる人ではないので、書きたいから書いている・求められるから書いている…

 

先生は長生きは良い事ばかりではないと言います。

一番つらいのは、自分より若い人を見送る時…今年、先生のおいが先に逝かれたそうです。

 

まなほさんから映る先生は、早く死にたいと叫ぶわりに…

  • よく食べる
  • よく呑む
  • よく眠る
  • よく仕事をする

やっぱり、高齢になっても「仕事めいた何か」をやる事が大事ですね。

僕が真似出来ているのは、「よく呑む」ぐらいですね(苦笑)

 

では、また次回です。by おしょうぶ~

スポンサーリンク