介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

認知症には妄想が付きまとう場合があります。見えない敵と戦った母の武器「ハサミ」を棄てました!

スポンサーリンク

2019.05.21

 

今回のテーマは「認知症には妄想が付きまとう場合があります。見えない敵と戦った母の武器「ハサミ」を棄てました!」でお送りします。

 

過去には母の部屋のタンスから「包丁」が7本出て来たこともありました。料理用ではないですよ!(分かってるわな(笑))

 

見えない敵と戦う為です。

 

父にはこの症状は0ではありませんが、よほど情緒が乱れている時以外ないです。

母はよく、夜中に玄関に怪しい女が来ていると言いました。その女の正体は「過去に父の浮気相手ではないか?」と母が疑った女性だったりします。

 

人間ってホント業が深い。

 

現在、筆者は家の断捨離を進めています。本日、神戸市は「燃えないゴミの日」でした。確認すると、ハサミはそれに該当。


f:id:masaru-masaru-3889:20190521091238j:image

実は母が施設に入ったあと、探しまくって回収していたもので、12~3本です。すべて100円ショップ(だと思う)のものと言うのが余計に悲しい。

 

何となく棄てれないで置いておいたのですが、母を自宅介護していた時の「負の感情や思い出(筆者の)」を断ち切る為に棄てました。ハサミだけに…(しょうもない事、言うてもた(笑)関西人w)

 

では、また次回です。by おしょぶ~

スポンサーリンク