介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

「週末過食」に気をつけよう!自戒を込めて~苦笑^^;

スポンサーリンク

2019.04.21

 

今回のテーマは…「週末過食」に気をつけよう!自戒を込めて~苦笑^^;でお送りします。

www.msn.com

上記の記事を読みました。「週末過食」と言う言葉は、思うと初めて耳にしましたが、すぐ「俺やん!」(笑)と、内容を読む前に理解しましたww

 

そう言う勤め人の方実は多いのでは?

「週末過食」とは読んで字のごとく=平日は普通に食事をしているのに、金曜日の夜から日曜日にかけて過食・過飲するイメージですね。

 

サービス業などシフト制の方は曜日に関係なく、公休の前日仕事上がりから…になるでしょうね^^

でも、頑張って休みまで仕事したんだから、わたしなら「いつもより飲みたい」・甘いものが好きな方なら「スイーツのご褒美」なんて思って当然ですね。ふふ

スポンサーリンク

 

 

詳しくは上の記事をお読み頂ければと思いますが、この記事でも「週末のご褒美」を精神衛生上の観点から全面否定ではありませんが…やはり度が過ぎると

頑張った自分にご褒美をあげて、そしてまた明日から頑張ろう!…というのは決して悪い考えではありません。

ただし、特定の食品、とくに糖質や脂質に偏った食品の過剰摂取は身体にさまざまな悪影響を及ぼします。

疲労感を助長する 

糖質や脂質を摂ると、それらを体内で処理するためにビタミンB群を消費します。

ビタミンB群は疲労回復の働きを助ける栄養素で、本来バランスのよい食事をしていれば、肉や魚、豆類、緑黄色野菜などから補うことができます。

しかし、スイーツやスナック菓子だけではビタミンB群が不足し、疲労感を助長してしまう可能性があります。 

肥満につながる

食べすぎでカロリーオーバーになると、脂肪が蓄積されていきます。

脂肪の種類のなかでも内臓脂肪は蓄積されやすく、高血圧症や糖尿病をはじめとする生活習慣病を引き起こすリスクを高めてしまいます。

食事が疎かになるほどスイーツやお菓子を食べすぎていないか、平日の代謝で元に戻せないほど体重が増加していないか…などをチェックしてみてください。

平日頑張った反動? 意外と多い「週末過食」で後悔する人

(*‘ω‘ *)非常に耳の痛い正論ww

実は昨夜、散々暴飲暴食をしたところで、今朝この記事を書いていると言う「罪深さ」…来週からちゃんとしよう!(こんな終わり方でいいのでしょうか…)

 

では、また次回です。by Oshobu~ 

スポンサーリンク