介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

カテーテルを誘導するワイヤー抜き忘れ…心臓を貫通し患者死亡!

スポンサーリンク

2019.04.04

 

今回のテーマは…カテーテルを誘導するワイヤー抜き忘れ…心臓を貫通し患者死亡!でお送りします。

 

う~ん、また悲惨な医療事故の話題です。

報道によりますと、大阪府寝屋川市の病院で2017年11月、男性入院患者の静脈に挿入したカテーテルを誘導するワイヤを抜き忘れました。

 

転院先の病院でカテーテルを抜く際に体内に放置されたワイヤが心臓を貫通し、男性が死亡してしまい、大阪府警は業務上過失致死の疑いで捜査していると言う事ですが…

これは…酷い。筆者も入れた事が2回ありますが、モニターに映っているもんね。

しっかり終わる時に確認すれば、ワイヤーが残っている事に気づくと思います。

 

ヒューマンエラーと言うより、職務怠慢。

もし当事者を庇えるとしたら、不十分な人員体制か長時間労働慢性化による、注意力不足だろうけど…患者はたまらんね。

 

ここは大阪府警も、ただ責任者の特定・犯罪の立証だけでなく、背景もちゃんと掴んでプレスリリースして欲しいですね。

 

こちら側は、例え身体の中に何かを忘れられたとしても、気づく事も出来ないし対処も出来ないわけですから…

 

では、また次回です。 by Oshobu~

スポンサーリンク