介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

あの7人死亡老人ホーム閉鎖!

スポンサーリンク

2018.01.06

 

今日のテーマは「あの7人死亡老人ホーム閉鎖!」でお送りします。

 

みなさんの記憶にもまだ新しいのではないでしょうか?あの老人ホーム…

鹿児島県の住宅型有料老人ホーム「風の舞」で入居者が相次いで死亡した事案ですね。当時の報道でも事件なのか?事故なのか?いまいちハッキリしませんでした。

 

ハッキリしているのは…

  • 2018年8~9月の間に介護士8人全員が退職してしまった事
  • その後10月から一か月の間に入所者7人が死亡してしまった事

どちらも、超異常事態であると言う事です。

 

三反園訓知事は1月4日の定例記者会見で、施設を運営する一般社団法人「波之上会」が1月末で施設を閉鎖する方針を伝えてきたこと発表しました。

 

この施設には入居者15人がまだ残っています。転居先確保については県と市が支援するとの事で、しっかりやって頂きたいですね。

 

事件当時、県は「波之上会」に業務改善命令を出し、市は2018年12月20日・死亡した7人以外の入居者4人について、高齢者虐待防止法に基づき、介護放棄や身体拘束の虐待を認定したと発表しているんですが、死亡した7人については伝わって来ていません。

 

「仕方がなかった死」とは、とても思えないので、閉鎖して終わりにしてほしくないです。

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク