介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

介護への外国人材受け入れ5年間で6万人!(政府見込み数)

スポンサーリンク

2018.11.16

 

今日のテーマは「介護への外国人材受け入れ5年間で6万人!(政府見込み数)」でお送りします。

 

政府は入管難民法などの改正案を巡り、11月14日に2019年(制度導入を目指す年)から、5年目までの累計で介護業界で6万人を受け入れる見込み数を出しています。

これは、厚生労働省から報告された人手不足見込み数から、国内の労働力で補える人数を引いたものです。

 

まぁ、ぶっちゃけ「足りない見込み数」を出して、「補える見込み数」で引いた「受け入れ見込み数」(笑)なので、流動的でしょうね^^;

政府は、改正案が成立した後、分野別運営方針を確定するとしています。

 

厚生労働省の見込みですと、5年後の介護業界の人手不足は30万人としていまして、そのうち6万人なので、逆に言うと国内労働市場から24万人を調達できると踏んでいるとも理解出来るわけですが、甘いと思いませんか?

 

厚生労働省も本当は分かっているけど、10万人や20万人を介護に外国の方を入れたいなんて言うと、まだまだ外国人アレルギーの方は多いので、改正案自体がとん挫しかねない…なんてね。(知らんけど)

 

では、また明日です。 by Oshobu~

スポンサーリンク