介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

70歳まで働いて年金を繰り下げ受給すると幾ら貰えるのか?(厚生労働省初試算)

スポンサーリンク

2018.11.04

 

そっか~70歳まで働くのか~^^;苦笑。これについては色々意見があると思います。まぁ今からの議論ですから、しっかり議論を見守るのと自分の意見を発信して行きましょうね^^

 

今日のテーマは「70歳まで働いて年金を繰り下げ受給すると幾ら貰えるのか?(厚生労働省初試算)」でお送りします。

f:id:masaru-masaru-3889:20181104092326j:plain

2018.11.03神戸新聞紙面より

厚生労働省は11月2日、「社会保障審議会年金部会」で初めて「70歳まで働いて年金を繰り下げ受給すると幾ら貰えるのか?」などの試算を提示しました。

 

上の写真が分かりやすいので、見て頂ければと思います。

※20~60歳まで男性の平均標準報酬(月42.8万円)で働いた場合

※年金は夫婦世帯の月額

(*‘ω‘ *)ここ、ぶっちゃけ言っておくと※マークの設定が日本社会で崩れています。だから若いみんなの、今からの収入・パートナーとのスタイルなどを考えると、ホント参考程度ですよ!

  • 60歳で退職、65歳で受給開始…21.8万円
  • 65歳まで働いて、65歳で受給開始…22.8万円
  • 70歳まで働いて、70歳で受給開始…33.1万円

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク