介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

年金10兆円の黒字!積立金の運用好調(厚生労働省)

スポンサーリンク

2018.08.13

 

今日のテーマは「年金10兆円の黒字!積立金の運用好調(厚生労働省)」でお送りします。

厚生労働省は8月10日、厚生年金と国民年金の2017年度決算(時価ベース)を、プレスリリースしました。

 

日本株が基本、好調ですよね。それにより、積立金の運用による収入が年間10兆円以上に上ったことが大きな後押しになり、合わせて10兆7208億円の黒字となりました。黒字額は前年度とほぼ同じでした。

 

【厚生年金】

  • 歳入    56兆8713億円
  • 歳出    46兆4233億円

国民年金

  • 歳入    4兆4336億円
  • 歳出    4兆1607億円

しかし、こうして数字で並べてみると、厚生年金と国民年金の規模の差がすごいですね。スケールメリットに大きな差が出てしまいますね。

 

さて、厚生年金の歳入が良いのは、株の運用益だけではありません。

好景気で、雇用環境が良くなった事と、厚生年金の対象を短時間労働者にも広げ、被保険者数が増えた影響が大きいですね。保険料収入は前年度より約1兆5000億円多い30兆9441億円でした。

 

2年連続約10兆円の黒字です。ちょっと、財政的に一息つけましたね^^

政府には、景気後退が予想されるオリンピック後に備えて欲しいですね。

 

では、また明日です。 Oshobu~

スポンサーリンク