介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

もう父の為にこれ以上の事は出来ません…

スポンサーリンク

2018.12.17

 

深刻な話ではありませんので、ご心配なく^^

今日のテーマは「もう父の為にこれ以上の事は出来ません…」でお送りします。

 

一時期、両親のW介護になったわたしは介護退職して「専業」介護をしていました。

その時はずっと家にいるので、介護と言う面に関しては、何でもやってあげれる状態です。そして、母の特別養護老人ホームの入所が決まりました。

 

父は身体が動きますし、当時は今ほどボケていませんでした。と言う事で、家計を守るため・わたしが社会から乖離しないためにも、やりたい仕事ではありませんが条件的に選んだのが今の仕事です。

 

時は流れて、2年半…父がかなりボケて来ていて、ケアマネージャー・ヘルパーさん・デーサービスやショートステイのスタッフさんから、「家族側としてこれはやってほしい」と言う要望がいくつかあがってくるようになりました。

 

まぁ可能な限り行うわけですが…軽い介護時期から入れると7~8年介護をやっていて、ストレスの蓄積はけっこうなものなんですね。だから、その一つ一つの事自体は大した内容でなくても、もう何か「お腹いっぱい」なんです(苦笑)

 

先日、連絡を頂いて「デーサービス時に持ち物の中に着替えが入っていない事が度重なるので息子さんがチェックしてほしい」と言われました。

これ、チェックしているんです。リュックの中に、パンツ・シャツ・靴下が入っているのを見て、「うん。OKだな」と…

 

ところが、当日はわたしが先に仕事で出かけます。父が起きて来て、わたしの置手紙を見て朝食をレンチンして食べて…新聞見て…置手紙には今日はデーサービスですと書いてます。(書かないと、出て行く可能性もあるので)

 

おそらく父は父で、用意の確認をするのでしょう。リュックをみて…ここからは想像ですが、パンツの柄が気に入らないとか(笑)、中身を一度出しているみたいです。でも、今の父は途中で「なぜ?この行動を今自分が行っているか」を忘れる事があります。

 

で、リュック中身が無いか、とんちんかんな中身になっているのでしょう。これを解消するには、施設が父を迎えに来るまでわたしが居てあげないといけません。だいたい8時半~8時50分ぐらいです。

 

今の仕事は、9時に西宮ですから「介護退職」しないと無理と言う事になります。

でねスタッフの方に、ハッキリお伝えしたんです。

「もう父の為にこれ以上の事は出来ません…」

 

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク