介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

親父がトイレで用を足す時にドアを閉めなくなった。ヘルパーさん訪問時にセクハラになっていないか?心配な件。

スポンサーリンク

2018.12.09

 

今日のテーマは「親父がトイレで用を足す時にドアを閉めなくなった。ヘルパーさん訪問時にセクハラになっていないか?心配な件」でお送りします。

 

ちょっと前に遡りますが、ある日トイレに行こうとしたら父がドアを開けっぱなしで、用を足していたんです。

 

まぁその時は、たまたまかな~なんて思って…

「親父、親しき中にも礼儀ありやで!ちゃんとドアを閉めて用を足してな」と、促すぐらいの会話で終わらせました。

 

ところが…だんだん回数が増えて来ているんです。

注意して、また逆切れされて大声で吠えられたり・ハサミを振り回されたりするのは嫌なので、柔らかく丁寧に促す感じで改善を働きかけていますが、効果なし^^;

 

で、ふと心配になったのが週2回入って頂いているヘルパーさんの事です。

お二人とも女性なので…

 

父にはもちろん「セクハラをしてやろう!」なんて気はないですが、セクハラはやる方の考え方・感覚は関係なく、「やられた方がどう感じるか?」なのでセクハラが成立する可能性もあります。

 

何とか治らないものだろうか…

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク