介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

生活保護受給者(妻)になりすまし、病院に行っていた女!

スポンサーリンク

2018.11.09

 

こう言う奴らがいるから、生活保護受給者全体が悪く見られてしまうんだよね!

生活保護は誰が聞いても仕方がない理由で、困っている人の為のセーフティーネットです。だから、条件に当てはまる人が利用する場合、何の後ろめたさも持たないで利用して頂いて、それを足掛かりに早く社会復帰をして頂けたら、社会も嬉しい!

 

今日のテーマは「生活保護受給者(妻)になりすまし、病院に行っていた女!」でお送りします。

報道によりますと、生活保護受給者になりすまし、病院の治療を無料で受けていたとして江別市の55歳の女が逮捕されています。被害額は約170万円との事です。

 

実は今回、この犯人の知人の生活保護受給者夫婦も逮捕されました。この55歳の女が、お金に困っているが、どうしたら病院に行けるか相談したらしいです。

そこで、その夫婦の夫が「自分の妻になりすます」提案をして、市の担当者を通じて受診の手続きを行ったとの事です。

 

どうやら、病院の身元確認は「名前」と「生年月日」の照合だけと言う事で、この様な事が簡単に行われるようですね。(ここも要改善だね)

その生活保護を受けていた夫婦の夫も高くつく事になりますね。今後、夫婦で生活保護も認められないでしょう。

 

軽い気持ちで提案したかも知れませんが、生活保護で生活する事に負い目は感じなくて良いですが、血税で暮らしている事への感謝と襟を正した行動が必要ですね。

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク