介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

父が家を出て、5分ぐらいで新聞の新規契約をしそうになっていた話

スポンサーリンク

2018.10.21

 

今日のテーマは「父が家を出て、5分ぐらいで新聞の新規契約をしそうになっていた話」でお送りします。

本日、昼間のほやほやのエピソードです(笑)。

 

わたしは、高度認知症の父と暮らしています。日曜日はお世話になっているデーサービスも休み・ヘルパーさんも入ってくれない日で、一日父を看ています。

 

今の生活の中では、一番鬱陶しい一日となります。でも、今日は救いの手が…(笑)

おじさん(父の実兄)から電話が入り、父をお茶に誘ってくれました。これで、昼間の3時間ほど一人の時間がもてます^^

 

さて、「じゃ、行ってくるわ」と言う父の背中を見送り、ドアを閉めたところで父と誰かの会話が聞こえて来ました。近所の人に捕まったな…(笑)と思いましたが、こう言う世間話は、脳の老化防止に良いので歓迎なんです。

 

ただ、おじさんが喫茶店で待っているので、あまり長くなるようなら声をかけようと、ドアの近くで待機していました。会話の声は聞こえるけど、内容は把握できない距離感です。目安を5分で考えて、近所の人が気を悪くしない声のかけ方をイメージして(笑)…

 

で、5分経ったので出て行くと、知らない男性と話しながら既にボードにのった書類に、署名を仕掛けていた父…( ゚Д゚)

確認すると、新聞の勧誘の方でした。丁寧に父が認知症であり、自分で購買の判断が出来ない段階と説明すると、トラブル事もなく相手も引いてくれました。

 

いや、しかし家を出て5分で見知らぬ人に声をかけられて、新聞の契約をしょうとする父に衝撃です。介護家族のみなさん!いろいろ気をつけましょう。

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク