介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

【老齢年金】扶養親族等申告書の提出を忘れないでね!^^

スポンサーリンク

2018.09.25

 

みなさん、十分にお分かりと思いますが、何故か毎年申告漏れして多く税金を払う人がでます。一応、注意喚起で書かせて頂きますね^^

今日のテーマは「【老齢年金】扶養親族等申告書の提出を忘れないでね!^^」でお送りします。

 

みなさんのところにも、そろそろ届いていると思います。


f:id:masaru-masaru-3889:20180925132424j:image
f:id:masaru-masaru-3889:20180925132442j:image
扶養親族等申請書とは…(日本年金機構のレターを参考に書き起こし)
  • 老齢年金で課税する所得税及び復興特別所得税の計算を行うために必要です。
  • 提出することで、該当する控除が受けられ、税率が5.105%になります。
  • 配偶者や扶養親族がいない場合でも、税率が5.105%になるので、必ず提出してください。
  • 提出が無い場合、該当する控除が受けられず、税率が10.21%になってしまいます。

 

非常に簡単な書類が同封されており、たとへ認知症高齢者でも、ご家族が手伝えば直ぐに作成できます。

提出すれば税率5.105%

提出無しは税率10.21%

高齢者のご家族の方は、「扶養親族等申告書の提出終わっている?」と一言かけてあげて下さいね^^因みに、わたしの父の分は今日出しました。

 

では、また明日です。 by Oshobu~