介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

【与太話】ボケてる兄弟が話をすると…

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20180819101823j:plain

2018.08.19

 

今日のテーマは「【与太話】ボケてる兄弟が話をすると…」でお送りします。

ちょっと前の話しですが、父の兄(叔父)から電話を頂きました。

 

挨拶と軽い世間話をして、父と代わり…どうやらお茶を飲む事になったようです。定期的に父を気にかけてくださり、お茶に誘ってくれます。

 

  • 父  79歳
  • 伯父 84歳(たぶん(笑))

父は完全にボケています。伯父は「まだらボケ」です。

いつもは父が伯父との約束時間と言うか、約束自体を忘れるのでわたしが時間が来たら声をかけるのですが、今回は約束場所につく手前で伯父が電話を入れてくれる段取りだそうです。

 

それを聞いて「あ~今日は『まだら』の正常な方の伯父なんだな」と思いました。

でも、おそらく二人が想定している12時になっても、電話は入りませんでした。

 

ちょっと嫌な予感もしつつ^^;「今日はいつもより遅めなのかな?」なんて思っていたところで、13時過ぎに伯父から電話…

「父と12時に喫茶店で待ち合わせをしているけど来ない…」

え~と、時間は決まってなくて、着く手前でお電話を下さる段取りでは?と伺うと…

「そんな事は言っていない」…と

 

父に確認したら案の、定約束自体・伯父から電話があった事自体が記憶から消えておりました。急いで身支度をさせて、出しました。

真相は迷宮入りです(笑)。

 

では、また明日です。 by Oshobu~

スポンサーリンク