介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

【ただの愚痴】逆切れして、拗ねて…全て忘れる親父に心底疲れる。

スポンサーリンク

2018.08.15

 

今日のテーマは「【ただの愚痴】逆切れして、拗ねて…全て忘れる親父に心底疲れる」でお送りします。

 

昨日は仕事上がりに、餃子とビールを楽しんで帰りました。「もう少し、飲みたいな」なんて気持ちを抑えつつ、「そろそろ帰らないと、親父がヤバいな」なんてね。

 

で、帰ったら親父が部屋の窓と扉を開けっぱなしで、クーラーを最低温度18度設定でガンガンかけているんですよね。

熱中症の事もあるので、クーラーは使用してくれて良いのだが、窓も扉も開けっ放しだと、意味ないよね!?

 

で、さすがに「これは、もったいない」なんて、やめるように言うと…

(*‘ω‘ *)ふ~…逆切れですよ。

 

もうえ~!クーラーなんか一生つけへん!リモコンほり投げる。

扇風機もいらん!倒す…

 

拗ねて、暑い中布団をかぶって寝る。もつわけない…部屋の温度軽く30度超えてるから。

で、この時点で10分も経ってないんですよ。

全て、忘れているから…

「暑いねんけど、クーラーのリモコンが見つからへん」と、真顔で俺に言ってくる。

 

感情を抑えて、「窓とドアと閉めてクーラーかけてな」と言いながら、先ほど親父がほり投げたリモコンを渡す。

しんどい。

 

では、また明日です。 by Oshobu~

スポンサーリンク