介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

【老後のお金】高齢になって独り身なら、毎月3万8,000円赤字と言う話

スポンサーリンク

 www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

2018.07.30

 

今日のテーマは「【老後のお金】高齢になって独り身なら、毎月3万8,000円赤字と言う話」でお送りします。

2日前ですかね、上記の記事をUPしましたら、反響が大きかったので「単身の数字」も同じ方法でまとめます。

 

前提は、現在は60歳定年が主流ですが、継続雇用などで65歳まで何らかの収入がある働き手が多いです。なので、65歳の年金受給年齢から無職世帯になったと言う条件です。

数字は総務省の「家計調査(2017)」からです。

 

65歳以上の無職単身世帯では…

  • 月額平均収入    11万6,000円
  • 月額平均支出    15万4,000円

(*‘ω‘ *)これだと…3万8000円の赤字ですね^^;

前回と同じく、100年時代と言うものの、まぁ90歳ぐらいが妥当と言う筆者の感覚で、計算します。

 

3万8,000円×12か月×25年=1,140万円!( ゚Д゚)

何らかの「もしも」の時の臨時支出を考えると、最低単身でも65歳時点で1,500万円は貯蓄が欲しいですね(ふ~ため息)

 

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク