介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

【老後のお金】高齢者夫婦世帯、毎月5万2千円赤字と言う話

スポンサーリンク

2018.07.28

 

いやいや、厳しいお話ですな^^;

今日のテーマは「【老後のお金】高齢者夫婦世帯、毎月5万2千円赤字と言う話」でお送りします。

 

厚生労働省の「国民生活基礎調査(2016)」では、高齢者世帯の約半数が「生活が苦しい」「やや苦しい」と答えています。

60歳定年が定着していますが、実際は再雇用などで65歳までは何らかの収入がある方が多いそうです。

 

となると、年金支給が始まる65歳辺りからが問題ですね。

今度は総務省の「家計調査(2017)」からです。65歳以上の無職夫婦世帯の平均生活費の数字です

  • 平均収入  20万8,000円
  • 平均支出  26万円

(*‘ω‘ *)うん!?これだと…

5万2,000円の赤字ですね。

みなさん、この数字どう思いますか?26万円は贅沢でしょうか…

筆者の感覚ですと、夫婦2人で26万円は妥当かなと^^

 

となると、足りない分の貯蓄が要りますよね。100年時代と言われておりますが、平均的に考えるなら、まぁ90歳までぐらいが妥当でしょうね。としても…

5万2,000円×12か月×25年

1560万円!( ゚Д゚)

でも、これ思いがけない出費の事は想定していませんよね?

 

となると、2000万円は必要でしょうね^^;

ふ~では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク