介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

夏に起こりやすい子供の肌トラブルについて!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20180712100854j:plain

2018.07.12

 

今日のテーマは「夏に起こりやすい子供の肌トラブルについて!」でお送りします。

※今回の記事は神戸新聞(2018.07.01)に、辰巳こどもクリニック(兵庫県伊丹市)・辰巳和人院長の「夏に起こりやすい子供の肌トラブル」についての、神戸新聞によるインタビュー記事を参考にして情報をシェア致します。

 

 

◆夏に気をつけたい子供の肌トラブル…

  • あせも
  • 日焼け
  • 虫刺され

あ~如何にも夏らしい項目ですね^^;

 

●あせも

先生曰く、「汗そのものが肌に悪いわけではありません」…

汗の効用…

  • 体温調節
  • 細菌の繁殖を抑える
  • 保湿

※では、何がいけないのかと言うと、子供が汗をかいた後の長時間放置です。弱酸性からアルカリ性に変わってしまい、菌が増えやすくなります。で、汚れやあかがたまってしまい「あせも」の原因になります。

 

対策は時間をあまり置かず、夏場ならぬるめのお風呂かシャワーで洗い流せば十分です。その時、「皮脂」も一緒に流れるので、保湿クリーム・ローションなどでケアしてあげて下さい。

 

※夏はベタつくので、必要ないと思われがちですが、紫外線・冷房の影響で感想しやすいので注意が必要です。

f:id:masaru-masaru-3889:20180712105402j:plain

スポンサーリンク

 

●日焼け

正午前後の外出を避け、つばの広い帽子をかぶせましょう。

子ども用の日焼け止めを上手に使いましょう。

●虫刺され

※特に虫刺されなどで出来た皮膚の傷に細菌が入り込む事で起きる、「とびひ」などの感染症は思わぬ重症化も可能性があるので、注意が必要ですね。「とびひ」はすぐ受診してください。

 

まぁ子供は、虫に刺されたら汚い手でかいちゃうもんね(苦笑)でも、それが子供だし大人が見ておいてあげたいところですね。

 

虫が多い場所に行くときは、暑くても長袖・長ズボンで行き、虫よけ剤を一番外側につけて下さい。

●その他気をつけたい事

  • プールなどでの「水イボ」の感染(皮膚の接触でうつる)も注意が必要な時期ですので、プール後はジャワーできれいに洗いましょう。
  • 乳児で気をつける事は、ひとつに「カビ」です。脇やももの付け根で炎症がよく見られます。しわの深い部分を、木綿の柔らかいタオルで優しく洗ってあげて下さい。シャワーが難しいようなら、濡れタオルで押し拭きを…

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク