介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

介護職確保に大きな地域差が出来る見込み!

スポンサーリンク

2018.06.28

 

今日のテーマは「介護職確保に大きな地域差が出来る見込み!」でお送りします。

 

厚生労働省からちょっと気になる推計が出ています。団塊の世代が全員75歳以上になる、2025年度に、必要とされる介護職員数に対して確保できる見込みの数の割合(充足率)は、都道府県による地域差が大きい事が、推計に基づく分析で6月21日判明しました。

厚生労働省の推計による2025年度の充足率

ベスト5

  • 山梨   96.6%
  • 佐賀   95.7
  • 島根   94.4
  • 鹿児島  94.1
  • 熊本   94.1

ワースト5

  • 福島   74.1%
  • 千葉   74.1
  • 京都   79.3
  • 沖縄   79.4
  • 兵庫   81.2

う~ん汗、我が兵庫県はワースト5位か…^^;

これね、単純に人数ベースだと規模の大きい都市が、ワースト上位になって、実情がハッキリ見えないんですね。そこで、介護の需要と供給の開きを把握するため、充足率を比較したそうです。

 

うん。とにかく対策を打つにしても現状の正確な把握は大事ですもんね。

これから社会で考えていかないとね…でもあまり時間ないよ!

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク