介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

兵庫県養父市、テレビ電話で在宅医療(オンライン医療)全国初導入!

スポンサーリンク

2018.05.31

 

今日のテーマは「兵庫県養父市、テレビ電話で在宅医療(オンライン医療)全国初導入!」でお送りします。

養父市」=「やぶし」と読みます。一言で言えば田舎で、市の中心部はそれほどでもありませんが、山間部は医療機関・薬局が遠く、また移動手段が少ないです。

 

買い物は通販でも対応出来ますが、「慢性疾患の方の薬」が問題なんですね。

読者様もご存じでしょうが、処方薬を購入する場合は医療機関を受診➡医師に処方箋を書いてもらう➡薬局で薬剤師から説明(処方の注意など)を受ける➡購入、となります。

 

養父市の山間部の様な不便な地区では、このプロセスが負担になり「慢性疾患の方が服用をやめてしまう」と言う事が起きます。養父市は国家戦略特区に指定されております。

 

そこで特区内での規制緩和を利用して、この流れを全てオンラインで済ませてしまおうと言う試みで、これは全国初となります。

 

※いままで…

医療機関を受診➡医師に処方箋を書いてもらう➡薬局で薬剤師から説明(処方の注意など)を受ける➡購入

※今秋導入予定(オンライン医療)

f:id:masaru-masaru-3889:20180531133708p:plain

養父市公式サイトより引用

 まぁ、ザックリ言うと家に居て、処方薬が購入出来るようになります^^

 

薬を処方する時の規制は、間違いが起こらない様にキッチリしておくべきが基本ですが、人々の為の規制ですからね。必要ならルールを変える!大事ですね。

 

これが実現すると、慢性疾患の方の勝手な服用中止が減り、重症化が防げるので医療費の削減効果も期待出来ます。注目して行きたいですね^^

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク