介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

中曽根康弘元首相、明日で100歳を迎えられます!(政治ブログではありません(笑))

スポンサーリンク

 

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

2018.05.26 

 

男性で90歳を超えて、なお普通に生活出来ている!いやそれ以上の活動をしているとなると凄い事ですし、やはり人数は少ないです。

 

明日(2018.05.27)で、中曽根元首相が100歳を迎えられます。おめでとうございます!中曽根さんが100歳・村山元首相が94歳・渡辺恒雄(読売グループの影のドン)が5月30日で91歳…う~ん💦全員キャラが濃い^^;

 

やっぱり多少キャラが濃い方が長生きするんですかね~(笑)

今日のテーマは「中曽根康弘元首相、明日で100歳を迎えられます!(政治ブログではありません(笑))」でお送りします。

 

中曽根さんが今だに魂を燃やしている対象、「自主憲法制定」…

「100歳となる政治人生において一貫して憲法改正を訴えてきた者の一人として、一日も早い実現を望む」

これは自ら会長を務める超党派議連「新憲法制定議員同盟」の集会に寄せたメッセージです。

 

で、このブログは政治ブログではありませんので、このお考えを肯定・否定するものではありません。わたしがお伝えしたいのは、形的のは一線を退く(私たちで言えば定年退職など)立ち位置におかれても、志と言うか目標と言うか…そう言うものを失わないと言う事が健康寿命には大切なんだな~と改めて感じました。

 

元気な中曽根さんですが、例年出席しているこの集会は今年、手首の骨折もあって欠席したと言います。原因は報道から読み取れませんでしたが、高齢になると骨が折れやすくなったりすると言うのは中曽根さんとて同じです。

 

孫の中曽根康隆衆院議員は、祖父の近況について「元気に週に2・3日はネクタイを締めて外出している。知識欲、勉強欲はまだまだ旺盛だ」と説明されています。

筆者はもうすぐ55歳…中曽根さんの約半分か~まだまだひよっこですね(笑)

 

改憲派の方も護憲派の方も、いや憲法なんて興味ないよ!と言う方も、人生の先輩として見習うところは大いにあるのではないでしょうか?

では、また明日です。 by Oshobu~

スポンサーリンク