介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

「炎症性腸疾患」(IBD)啓発デーのライトアップが国内で初めて行われた(姫路城)。

スポンサーリンク

2018.05.20

 

今日のテーマは「炎症性腸疾患(IBD)啓発デーのライトアップが国内で初めて行われた(姫路城)」でお送りします。

 

我が在住、兵庫県が誇る世界遺産「国宝姫路城」にて、昨日5月19日夜「世界IBDデー」と言うことで、啓発カラーの紫色に天守閣がライトアップされるイベントが行われました。

 

これまでも毎年50か国以上で同様のイベントはありましたが、国内では今回が初めてです。

※炎症性腸疾患(IBD

IBDは腸に炎症や狭窄(きょうさく)を起こす病気の総称です。

指定難病の「潰瘍性大腸炎」の患者は、国内に16万8千人いると言う事です。

 

今回このイベントを行った、患者会「姫路IBD」の会長、柳井勅雄(ときお)さんは「病名の認知度の低さから発症に気づかない患者もいる。この機会に知ってもらい、早期治療につながれば…」と発言されています。

 

来年以降もイベントを継続する方針で、5月末まで経費約55万円を捻出するクラウドファンディングを実施しています。賛同者には寄付額に応じて、キーホルダーやTシャツの返礼品があります。

 

柳井さん☎090-9995-7804

※番号のお間違いのないようにお気を付けください。

 

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク