介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

5月は子供の心に疲れが出やすい時期。リラックスして親と話せる環境を!

スポンサーリンク

2018.05.19

 

今日のテーマは「5月は子供の心に疲れが出やすい時期。リラックスして親と話せる環境を!」でお送りします。

 

今回は神戸新聞(2018.05.19)に、神戸松蔭女子学院大学人間科学部心理学科教授で、神戸松蔭こころのケア・センター坂本真佐哉(まさや)所長が子供の不登校について寄稿されておられたので、参考にしながら書かせて頂きます。

 

5月は新生活が始まり約一か月半で、子供たちの心に疲れが出やすい時期です。

  • 子供が部屋に閉じこもる
  • 子供が朝起きられない

子供の変調に親も悩んでしまいます。

 

文部科学省の調査では、不登校の児童・生徒の数は学年が上がると共に、増えています。そして中学1年生で急増しています。

 

2016年度の数字ですが…

小学校6年生の不登校 9794人

中学校1年生の不登校 2万6358人

約2.7倍ですね。こんなに多いのか…( ゚Д゚)

 

坂本先生曰く、背景には環境の変化・心の発達による自我の形成が挙げられると言う事ですが…複数の要因が重なり誰もが不登校になる可能性があります。

 

5月(GWあとなど)もそうですが、夏休み後も注意が必要です。

一例ですが…

  • 友人とのけんか
  • 風邪で欠席をした

などがきっかけになります。

 

朝、起きれなかったり・学校からの帰宅後元気が無かったりは、不登校になる兆候とされています。ただし、子供は自分の思いや状況を的確な言葉で伝えられないため、「行けない理由がなければ怠けている!」と親は怒ってしまいます。

 

これ、親御さんの気持ち・焦り…よくわかりますね^^:

でも、ここが大切なんですね。先生はまず、「親子のコミュニケーションを増やし、リラックスして話せる環境をつくってほしい」との事です。

 

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク