介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

母は落ち着いています。胃ろうでも誤嚥性肺炎にはなる事がある!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20180211172024j:plain

イメージイラスト

2018.03.27

 

今日のテーマは「母は落ち着いています。胃ろうでも誤嚥性肺炎になる事がある!」でお送りします。

 

先週の土曜日に、熱が39.8度あると言うことで緊急搬送された母ですが、おかげ様で容体は落ち着いています。診断では肺炎と心不全の併発でしたが、おとといの記事で胃ろうなのに誤嚥性肺炎になるのかな?みたいな事を書きました。

 

まだ誤嚥性肺炎と決まったわけではないです。たまたま今日施設の方とお話しする機会があり、謎が解けたので情報としてシェアします。

 

嚥下機能を失った母ですが、まだ口から唾液は出ますし、胃ろうで入れた液体が食道を逆流することもあるそうです。

そうなりますと、唾液や胃ろうでいれる液体が気管に入る可能性は当然あります。厄介なのは、もう母は「咽る事さへ出来ない」と言うことなのです。

 

通常は気管に何か入ると、反射的に咽る事により気管に異物が入るのを防ぎますが、母の場合異物が入っても咽ません。確かに胃ろうの場合は異物は入りにくいですが、100%入らないわけではないので、異物が入りだしたら今度は防ぎにくいと言う事らしいです。

 

4月5日に有給を取ることが出来たので、主治医と面談のアポがとれたので詳しく聞いてみます。みなさんに役にたつ情報はまた書かせて頂きます。

 

今日、面会に行って来たのですが、母はわたしのことをわかりません。十分理解しているつもりでも、何か虚しいですね^^;

 

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク