介護の道も一歩から 

介護のことを中心に、高齢問題・福祉・老後準備、それに纏わる時事を書いています。

介護老人施設の人間関係について…親父の証言から(笑)

スポンサーリンク

2018.03.04

 

今日は与太話でございます。

今日のテーマは「介護老人施設の人間関係について…親父の証言から(笑)」でお送りします。

 

もう、父自身はこの話を自分がした事は覚えておりません。

父はいま通所介護(ディサービス)に週4回・ショートステイに月1回(3泊4日)行っています。そこにも何やら人間関係の苦労があるとか…

 

人は3人いれば派閥が出来る…なんて言いますが施設利用者内で派閥があるそうです。まぁ政治家でもなければ、現役会社員でもないので…生活に直結する事もなく、言わば仲の良いグループみたいなもんだと想像しています。

 

みなさん来る曜日や回数はバラバラですので、父の仲の良い方がいる時もあればいない時もあります。父曰く、誰もいない時は昼寝用のベッドがあるそうですが…一日寝ているそうです。何をしに行っていることやら…^^;

 

あとはやっぱり、カップルみたいな人間関係もあるそうです。残念ながら父の好みの女性はいないそうです^^;て、言うか母が同じ施設で寝たきりですが、生活しているので、好みの女性が現れても遠慮願いたいですけどね(笑)

 

これは、父は口にしないのですがスタッフの好き嫌いがあるようです。例えば迎えに来て頂いても、送って頂いても、明らかに付き添いのスタッフ別で態度と表情が違います(苦笑)分かりやすいのは、一番好きなのが若い女性→次が気の合う男性→最後が妙齢の女性と言う順番なんです(笑)

 

あ!スタッフのみなさん、父が言ったわけではないので気を悪くなさらないで下さい。この部分は息子の想像です(笑)

しかし、人は死ぬまで人間関係ですね^^:

では、また明日です。by Oshobu~

スポンサーリンク